デンタルローンとクレジットカード払いの違い

subpage01

歯科医院で保険診療外の高額な治療を受ける際、多くの方が現金一括支払いが難しいため、後から分割払いを希望するはずです。
この時、歯科医院によってはデンタルローンが使えることがあります。


これは歯科治療の支払いにのみ使えるローンのことで、分割払いの回数設定を自由に決めることができたり、治療内容によって借入額を設定できるなど、高額な歯科治療を無理なく受けることができるというメリットがあります。

しかし、分割払いというと他にもクレジットカードを利用するという方法もあるはずです。
わざわざ新たにローンを組むのは審査などもあり手間がかかるため、持っているクレジットカードで支払えるならそれを使用した方が手軽と考える方もいることでしょう。

そこで知っておきたいのがデンタルローンとクレジットカード払いの違いです。


まず一番大きな違いは金利です。
基本的にデンタルローンの方がクレジットカードよりも金利が低くなっているため、利息を抑えることができるのです。

日本経済新聞の珍しい情報をご紹介しています。

ですので、費用を抑えたいのであればクレジットカード払いよりもお得といえます。


またクレジットカードの場合、利用限度額が設けられているため、その範囲内でしか利用できませんがデンタルローンは治療内容に合わせることができるという違いもあります。



このようなことからデンタルローンは歯科治療の支払いに特化したローンであり、利用できるのであればクレジットカード払いよりもメリットが多いといえるのです。

デンタルローンの金利サイトを今すぐ確認してみましょう。